紅景天(チベット人参、ロディオラロゼア)は、用途の広い様々な歴史を持つ驚くべき漢方生薬です。神経系の強化、うつ病の緩和の可能性、免疫力を向上させる、運動能力を高める、記憶を増強する、体重減少を促進、性的機能を向上させ強壮効果を改善すると考えられています。
紅景天(チベット人参、ロディオラロゼア)は、最近の研究から強力なアダプトゲンとして知られるようになりました。アダプトゲンとは、トラウマ、不安、肉体的疲労などのストレスへの抵抗能力を高める働きのある天然の生薬をさします。

紅景天(チベット人参、ロディオラロゼア)は、数千年前にもさかのぼる歴史のなかで記述が残っています。
西暦77年、ギリシャの医師ペダニウス・ディオスコリデスは、古典的な医療本草書「ギリシア本草」をまとめたました。その中にローディアリザ(紅景天のこと)と呼ばれる植物の医療用途を記録したとされています。
中国の皇帝は、貴重な生薬としての紅景天(チベット人参、ロディオラロゼア)を得るためにシベリアに遠征を送ったとされる記録もあります。
また、スカンジナビア地域に住んでいたヴァイキングは体力と持久力を向上させるために紅景天(チベット人参、ロディオラロゼア)を使っていたと言われています。
中央アジアの人々は紅景天(チベット人参、ロディオラロゼア)を使用したお茶は風邪やインフルエンザのための最も効果的な生薬であると考えられています。
旧ソ連時代では、紅景天(チベット人参、ロディオラロゼア)や他の薬草の研究は米国との軍拡競争、宇宙探査、オリンピックスポーツ、科学、医学などと同じくらいに盛んに行われるほどの国家事業のひとつでした。
これらの紅景天(チベット人参、ロディオラロゼア)研究では、神経系を刺激してうつ病を軽減させること、仕事のパフォーマンスを向上させる、疲労を解消する、高山病を防ぐのに効果的であることなどが研究されてきました。
以下の効果・効能は紅景天を単体で使用するだけではなく治療や予防目的の補助薬的な使用で効果をあげていることに注意してください。
病中、病後の方は薬剤師や医師などの専門家の指導により使用することをおすすめします。

うつ病の緩和

紅景天(チベット人参、ロディオラロゼア)に関する新しい研究では、うつ病の患者のために希望をもたらす可能性があります。
動物実験では、紅景天(チベット人参、ロディオラロゼア)の成分は、脳内のセロトニン前駆物質であるトリプトファン、5-HTP(5-ヒドロキシトリプトファン)、セロトニンといった神経伝達物質の働きを促進するようです。
セロトニンは、生体リズム・神経内分泌・睡眠・体温調節などの生理機能と、気分障害・統合失調症・薬物依存などの病態に関与しているほか、ドーパミンやノルアドレナリンなどの感情的な情報をコントロールし、精神を安定させる働きがあります。
また、ホルモンとしても働き、消化器系や気分、睡眠覚醒周期、心血管系、痛みの認知、食欲などを制御しています。
ホルモンバランスが安定すると、精神的満足と精神的安心感を得られます。セロトニンの過不足は、うつ病などの様々な精神状態の異常に関わっています。
アメリカでは紅景天(チベット人参、ロディオラロゼア)を抗うつ薬と組み合わせて使用​​することにより低度から中度のうつ病患者に有効な効果を得られたという臨床結果を得ています。
紅景天は躁うつ病に対しては禁忌とされていますので紅景天(チベット人参、ロディオラロゼア)の使用には注意が必要です。

筋肉の疲労回復

紅景天(チベット人参、ロディオラロゼア)は、集中力の持続時間、記憶、強壮、および抗毒性作用を高めるためや、長時間のトレーニング後の回復時間を短縮することが示されています。
紅景天(チベット人参、ロディオラロゼア)抽出物は、酵素、RNA、および激しい運動後の筋肉の回復に重要なタンパク質のレベルを上昇させ、筋肉のエネルギー状態を刺激します。
筋肉や肝臓でのグリコーゲン合成の促進、筋肉のタンパク質合成及び同化作用の活性があるようです。

記憶力と集中力の向上効果

校正テストを用いた研究は、紅景天(チベット人参、ロディオラロゼア)は、長期間にわたって記憶力と集中力を高めることが実証されています。
これは、記憶力と脳のエネルギーを向上させ、脳の生体電気活性を増加させます。
ある研究では、40人の学生に対し、20日の期間1日2回紅景天(チベット人参、ロディオラロゼア)エキスまたはプラセボを50mgのいずれかに無作為に割り付けられました。
紅景天(チベット人参、ロディオラロゼア)エキスを使用した学生のグループは体力、精神運動機能、精神的なパフォーマンスの大幅な改善を示しました。
また、精神的疲労の減少、改善された睡眠パターン、睡眠の必要性の減少、気分安定性、勉強する大きなモチベーションを報告しました。
紅景天(チベット人参、ロディオラロゼア)のエキスとプラセボを受けた学生の間の平均試験の点数は、それぞれ3.47と3.20でした。

その他の利点

紅景天(チベット人参、ロディオラロゼア)の使用からの多くの他の利点は、糖尿病患者の血糖値を調節し、環境毒素から肝臓を保護するための聴覚を改善する能力などが分かっています。
脂肪分解プロセスを活性化し、ダイエットのための体の自然な脂肪燃焼システムへの脂肪組織からの脂質を消費することが示されています。
また、臨床的に甲状腺機能亢進症を引き起こすことなく、甲状腺機能を高める胸腺機能を強化し、保護したり、加齢に伴って発生した退縮を遅らせることができるとされています
男性の勃起不全および早漏を改善することが示され、それらの前立腺液を正常化するさようがあるようでうす。