高麗人参や田七人参や紅景天などの女性のための漢方を考えてみる。

漢方には、「未病を治す」という言葉があります。
あなたは病気になる前に、「食欲がない」「なんとなく体調がだるい」「眠れない日が多い」など不調を感じていることが多いのではないでしょうか?
この様に病気になる前に体調が悪くなる事を未病といいます。
未病をそのままにして病気になる前に、バランスが崩れているを生体機能を見つけ出し、治してしまおうということなんです。
病気になる前に身体の不調は治してしまったほうがいいですよね。
そこで大切になってくるのが、古来中国から伝わる予防医学の考え方です。
「未病」という言葉は、今から約2千年前の現存する中国最古の医学書と呼ばれている「黄帝内経」に初めて見られます。
この中では、病気になってからではなく、病気になる前の治療こそが重要だと書かれているんです。
この考え方は現代医療でも取り入れられているもので、現代では予防医学ともいえるでしょう。
未病を治すということは中医学で古くから大切にされており、日常を正しく過ごすことで健康長寿できるというものです。
また、女性は毎月生理があり、妊娠・出産、閉経など、ホルモンのバランスが節目ごとに大きく変わりやすくその度に体調の変化に悩まされることも少なくありません。
これにより、女性特有の疾患や症状が数多くあります。
また生活環境や職場環境などによるストレスを多く抱える女性は ホルモンバランスの調整がさらに難しくなる傾向にあります。
そして、食生活の変化や空調の部屋の冷やしすぎのために、冷え症に悩まされる方も多いのではないでしょうか?
「生理で具合が悪いのは仕方ない」「ストレスがあるから、多少の頭痛や胃の不快感は仕方ない」と諦めてはいませんか。
そんな時に活用したいのが健康食品として扱われている高麗人参田七人参や紅景天などの漢方を当サイトではおすすめしています。