アンデス人参(マカ)とは?

アンデス人参(マカ)は元気な源として非常に高い知名度があります。
市販されている栄養ドリンクなどに必ずと言っていいほど多く使われている原材料です。
滋養強壮サプリメントととして最も有名なものの1つではないでしょうか。
スポーツや健康を考える上で一般的になりつつあると言っても過言ではありません。
学術名はLepidium meyeniiで、多くの世代の愛好者がすばらしい気分安定剤とエネルギー東京剤としてのアンデス人参(マカ)を愛用しています。
中にはビタミン、植物栄養素、脂肪酸、アミノ酸などの栄養成分が多く含まれています。
このため、アンデス人参(マカ)は活力の向上、ホルモンのバランス、エネルギーの増加、やる気の向上、気分の改善などを助ける効果が期待できます。

アンデス人参(マカ)の歴史

アンデス人参(マカ)はアブラナ科のペルー植物です。
栽培地はフニン県ボンボン高原など海抜4,000m〜4,500mの高地で、アンデス山脈の中で独占的に成長しています。
インカ帝国時代から貴重な食物として珍重され現在ではペルー政府によって厳しく管理栽培され国家プロジェクトの要的な存在を担っています。
アンデス人参(マカ)は強烈な紫外線と酸性土壌、昼夜の温度差の激しい厳しい過酷な自然環境で育ちます。
土壌の栄養素を貪欲とも思えるほど根に吸収し、一度アンデス人参(マカ)を栽培した土地は数年間は何も栽培できない土地になるといわれています。
このことからも大地の恵みを吸収した栄養価の高い食物であることが容易に想像できますよね。
種まきの時期は9月〜11月、収穫は1年後の7月〜9月。
アンデス人参(マカ)の根の色は様々な個体差があり、黄色、紫、黒など。
直径は約3cm〜5cmです。
収穫されたアンデス人参(マカ)の根はきれいに水洗いされ15日間天日干しされ乾燥します。
また、ビタミンB1、B2、B12、C、Eも含まれています。
成分は、カルシューム、林、亜鉛などのアミノ酸、炭水化物、ミネラルなどのかなりの量を含んでいます。
収穫後は3か月以上強烈な太陽光線のもと天日乾燥されます。
乾燥したアンデス人参(マカ)の根は7年もの年月の貯蔵に耐えることと、とうもろこし、米などのように多くの炭水化物を含むことから保存食としても用いられています。

アンデス人参(マカ)の効果・効能

中の愛用者はアスリートの間でも特に人気が高まっています。
または、ビタミン、ミネラル、必須脂肪酸、タンパク質が豊富です。
これらの栄養素は自然エネルギーレベルをサポートします。
しかしながら、集中的な努力の間、乳酸は体内に形成されてしまいます。
このようにして、私たちの筋肉は酸性化し、疲労が起こります。
アンデス人参(マカ)は体をきれいにするための激しい訓練の後をサポートします。
また、迅速かつ完全な回復とより多くのエネルギーレベルの増加をサポートします。
良好なエネルギーレベルを維持することは、不安と抑うつのレベルを下げることに関連していて、アンデス人参(マカ)がこれらの精神的要素を支援するという研究報告もあります。

エネルギー源、活力源、再生間

肉体と精神の均衡保持。記憶力、集中力の向上

ストレス頭皮を減少させる

免疫システムの強化

精子形成の増進

女性の生理不順の正常化、卵子の増殖、不妊症改善

更年期障害、閉経前後の症状の軽減

セックスライフの質的向上